バンコクの動物病院で猫の狂犬病&ワクチン接種

   

めるとサリムの一年に一回の狂犬病&ワクチン接種の時期が来たので、先日、近所の動物病院へ行ってきました。

めるとサリムめるはもう2歳になったので、すっかりお姉さん猫に成長しました。サリムはパンパンになりつつも、この籠がお気に入りでいまだに入っています・・・。
最初はめるが威嚇して仲良くやっていけるか不安でしたが、今ではすっかり仲良しに。二匹とも、ミミともうまく生活していっています。

さて、今回は猫のワクチン接種にかかった費用を記録として残したいと思います。
以前の記事に、バンコクにあるローカル動物病院のことを書いたので参考までに。

バンコクのローカル動物病院 安心して任せられる主治医探し
今回の記事は、バンコクのローカル動物病院の記事です。 また、私の家の近所(パッタナカーン、シーナカリン、オンヌット近辺)の動物病院のお話です。日本からタイへミ...

私が犬猫のかかりつけにしている動物病院はこの記事にも書いた、ナカリン動物病院です。

さっそくかかった費用ですが、

  • 三種混合 180バーツ
  • 狂犬病 80バーツ
    合計260バーツ(1匹)

です。安くて驚きました。これに、半年に一回飲む、お腹の中の虫下しの薬をどうするか聞かれたので、念のため飲ませてもらって、それも50バーツ(1匹)でしたので、二匹で総合計620バーツしかかかりませんでした。なぜかいつもは取られるドクタフィー(80バーツ)もかかっていませんでした。

猫手帳動物病院でもらった猫手帳です。
ワクチンが済んだので、三種混合ワクチンと狂犬病ワクチンのステッカーを貼ってもらい、次回のワクチン接種日をスタンプしてもらっています。

以前は、トンローペットホスピタルで猫のワクチン接種をしたのですが、同じワクチン接種で確か1000バーツ(1匹)くらいしましたー。
ま、設備の違いや日本語が通じるし、24時間対応しているし、その分なんでしょうけれど、だいぶ違うので改めてワクチン接種ってこんなにお安いのか、と思いました。

ナカリン動物病院は、ローカルの動物病院ですが、獣医さんもスタッフの方も全体的に良いのでこれからも、引っ越さない限りは通い続けるつもりです。
また一年、めるとサリムが健康に過ごせますようにー☆

 

 

 - ペット生活 , , ,