珍しい動物と触れ合える!「THE ANIMAL CAFE」へ行ってきた

   

犬カフェ、猫カフェ、うさぎカフェもあるし、アライグマカフェなんかもできて、たくさんの動物カフェがバンコクにはあるのですが、今回紹介するのはちょっと珍しい動物と触れ合えるカフェです。
動物大好きな小二の姪っ子と一緒に行ってきました!

スポンサーリンク

THE ANIMAL CAFE(ザアニマルカフェ)

カラカルの看板が目印のアニマルカフェは、二階建てになっています。まずは行き方から紹介します!

場所・行き方

場所はチョンノンシー地区にあるLe'Rafflesというモールにあります。
地図を見てもタクシーになんと伝えて行けばいいか分からなかったので、直接ショップに電話し、行き方を聞きました。

行き方は、BTSチョンノンシー駅からタクシーに乗ります。運転手さんには「ソイ ナラティワート24」と言ってください。ソイを入ると右手にTHE ANIMAL CAFEが見えてきます。

お店のシステム

アニマルカフェは、1ドリンク1フード制で制限時間はありません。
メニューは撮影し忘れましたが、ドリンクが100バーツ台~で、フードは2、300バーツ台が主でした。
パスタやハンバーガー等食事メニューと、スイーツメニューもあり、豊富でした。

これは2Fの店内の様子です。1F入口を入ると2Fに案内されました。そして二階にいるのがメインの動物たち!
食事スペースと動物スペースは分けられています。珍しい動物たちはガラス越しの動物スペースに入らないと触れ合えないけど、猫たちは食事スペースにいるので、気軽に触れ合えました。
スタッフもまめに掃除をしたり、動物の面倒を見たり忙しそうにしてましたよ。
私達は平日昼間に行ったので空いていました!

アニマルカフェにいる動物たち

まずはサーバルキャット!手足が長くほっそりしていて本当にスタイル抜群!豹柄が美しいですよね。
サーバルキャットはもう一頭いて、二頭でじゃれあいながらよく遊んでいました。
棒で遊ぶのも好きなようで、姪が一生懸命棒を振ると、かなりじゃれついてきましたよ。

アニマルカフェの看板にもなっているカラカル!
こちらはサーバルキャットより肉付きがあって、目つきもけっこうするどかったです。
わたしたちが行った時は機嫌があまりよくなかったのか、他のお客さんが噛まれそうになっていて恐かったので遠くから眺めていました。
でもSNSとかでは抱っこして記念写真撮ってた人も見かけたので、普段は温厚なのかな?(この日は抱っこできるような感じではなかった・・・)

ちょっとまったりモードな感じでしたね。

狐の一種、フェネックもいました!
夜行性なので昼間は寝ていましたね、さすがに。耳が大きくて寝てる姿かわいいです!
スタッフさんが檻を空けてくれたので少し触らせてもらいましたけど、とっても可愛かったです。

アライグマもいたー!この子、すっごい遊んでて全然止まってくれないのでこんな写真しか撮れませんでした・・・。
思ったより大きくて激しく遊んでいたため、触るのを躊躇してたらスタッフさんが触って大丈夫!というので少しだけ触ってみました。
とにかくこのときは元気いっぱいでしたよ!

こちらは1Fにいたフクロウたち。
何フクロウっていうのかな。わたしはちょっと苦手で触らなかったけど、触っても大丈夫なようですよ!

と、ここまでが珍しい動物たちです!2Fにいるこの動物達は、ガラス越しに仕切られているので、動物スペースに入りたい場合はお店のスタッフさんにまず声をかけ、手を洗ってから入れます。出るときも声を掛けないと出れませんでした。
張り紙には一回5分と入場制限されていましたが、この日は空いていたので特に時間は制限されずに触れ合うことができました。

さて、食事スペースには猫ちゃんたちがいてだいぶ寛いでいらっしゃいましたので写真に収めて来ました!

オッドアイの白猫ちゃんたち。
ねこたちもちょっと変わった子が多かったかな。
この子は抱っこされても嫌がらず、姪がずーっと抱っこして遊んでいました。(猫は抱っこ可)

丸まってお昼寝~。そうだよね、うちの猫もこの時間は昼寝してるしね。和むわ~。

この子!なんかたまらなく可愛かった!むぎゅぅ~ってしたい衝動に駆られるのはわたしだけでしょうか!
あぁ、このまん丸の顔がたまらなくかわいい!!

とまぁ、猫ちゃんたちも本当にかわいかったです。他にもいましたよ。
店内には水槽もあってウーパールーパーなんかもいました。

実際にオーダーしたメニュー

姪が頼んだブルーベリーバニラのスムージーが美味しかったですよ。180バーツ。

ストロベリーパンケーキです!
220バーツだったっけな?甘さ控えめでおやつにちょどよかったです。

一人500バーツ前後はしますが、珍しい動物達とこれだけ触れ合えるなら、(きっと飼育代も高額なはずだし)納得の価格でした。

感想

チョンノンシーからタクシーで行くのでアクセスは良くないですが、まずこんな珍しい動物達が見れて、さらには触れ合えるってことはなかなかないので行く価値はあると思います!ドリンクもフードも美味しかったですよ。
動物大好きな姪も楽しそうにしていました。次回はまた姪とドッグカフェへ行ったので、それを記事にしようと思います!

THE ANIMAL CAFE 店舗情報

住所:Sathu Pradit 19 Alley, Khwaeng Chong Nonsi, Khet Yan Nawa, Krung Thep Maha Nakhon 10120 Bangkok

電話: 02-674-0277

営業時間:11:00-22:00

F.Bファンページ:https://www.facebook.com/theanimalcafethailand/

 

※2017年9月1日現在のレートは1バーツ約3.3円です。

 - ペット生活, カフェ , , , ,