マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展へ行って来た

      2016/01/22

先日、上野の東京都美術館の「モネ展」に行ってきました。        平日の午前中でしたが、チケット買うにも入館するにも少し並びました。        特に印象に残ったのは、やはり「睡蓮」と、モネが晩年、白内障を患いそれでも描いたジベルニーの庭の絵。白内障を患ってから赤をたくさん使って描いていて、今までのモネの絵と変わったのが明らかにわかります。なんというか、目が失明したとしても描き続けたい、という強い気持ちや、恐怖が現れているような気がして圧倒された。目がよく見えないせいか、抽象的な絵で何を描いてるのかはっきりとわからないけれど、それでもモネの強い気持ちが伝わってきて、わたしの中ではこの時期に描いた絵がとても印象に残りました。 この日はとーっても気持ち良いお天気だったから、モネ展を鑑賞した後は、テラス席でランチしました。       ビールがとっても美味しくて本当に最高でしたー!! 念願だったモネ展も行けて、美味しいランチ、公園散歩。本当に充実した1日だったなぁ〜。    ミュージアムショップで見つけた猫のポストカード。右はオシャレな感じだし、左はオレンジのグラデーションが気に入った。タイに戻ったら、このポストカードを飾るためにチャトチャック市場へ行って木のフォトフレームを買おう。 あぁ〜うちの可愛いニャンコたち。どうしているかな。毛玉が恋しい。。。          

 - 一時帰国 ,