サメット島のおすすめホテル!ビーチが近い、清潔、低価格|宿泊レビュー

      2017/04/21

サメット島にはたくさんのホテルやリゾート(コテージ)があるので悩みますよね。
船着場(ナダン港)から近く、徒歩でも行けて一番便利な場所はやはりサイケオビーチ周辺のホテル。ソンテウやレンタルバイクでの移動が可能なら、選択肢は更に広がります。
今回は、私達が実際に宿泊したリゾート(コテージ)を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

<このホテルをおすすめしたいのはこんな人>

  • 安くて清潔なホテルを探している(1000バーツ前後)
  • ビーチの近くがいい
  • 賑やかなサイケオビーチは避けたい
  • ナダン港から徒歩で行ける距離

 

 アオ・パイビーチ(Ao Phai)目の前のリゾート Tok Little Hut(トックリトルハット)

Tok Little Hutホームページ:https://www.tokslittlehut.com/

まず、私がホテルを探したときの条件は、賑やかなサイケオビーチは避けたい、安くて(1000バーツくらいで)清潔(特に水周り)、ビーチから歩いてすぐ、というものでした。
サメット島の色々なホテルを探した中で、この条件にピッタリ当てはまったのが、アオパイビーチにあるTok Little Hut(トックリトルハット)でした。

行き方・場所

サイケオビーチの隣にある、アオ・パイビーチの目の前にあるコテージです。
ナダン港からは徒歩20分、サイケオビーチからは徒歩10分ほどの距離です。

私達は行きはソンテウを使いました。ソンテウのドライバーさんに、「アオパイのトックリトルハット」というと、「トックね」と言って、コテージの目の前でおろしてもらえました。ソンテウの運転手さんたちの間では「トック」と呼ばれているようで、知らないドライバーさんはいないと思います。(乗り合いソンテウの場合は20バーツ。所要時間約10分弱)

帰りは歩いてナダン港まで行きました。アオ・パイからサイケオビーチ間はコテージが立ち並ぶだけで何もないのですが、サイケオビーチからナダン港までは色々なお店があるので歩いていても飽きませんでした。

外観、部屋の様子と設備

トックリトルハットの前の道です。写真右にコテージ、道を挟んで左にアオパイビーチが広がります。サイケオビーチからは1本道なので、徒歩でも迷わないと思います。

コテージの入口。右の青い屋根が、受付兼コテージのレストランになっています。ここでチェックインをします。それと一緒に、セキュリティーボックスが部屋にあるので、その鍵も受け取っておいた方がいいでしょう。

コテージが左右両側に建ち並んでいます。丘の上なので登り坂になっています。

ここが私達が実際に泊まったコテージの外観です。周りは緑がたくさんで自然の中のコテージ、といった感じでした。

部屋の前にはテラスがあり、ベンチとテーブルがあります。ここで朝食食べたりしました。
あとハンガーラックもあったので、水着やタオル等も干せます。

部屋の様子です。ホームページに載っていた写真のイメージ通りの部屋で安心しました。たまに、「え!写真と違う・・・」ってことありますよね。

部屋のタイプはシングルベッドバンガロー(実際はキングサイズベッド)。2人まで宿泊可です。
他には、ツインベッドバンガロー(2人)、ファミリーバンガロー(4人)もあります。

写真に写っている小さな窓の他に反対側にも大きな窓(ちょうどドアの隣)があり、部屋は広くはないですが圧迫感はありませんでした。二人で使うには申し分ない広さです。

トイレと隣がシャワールーム(ホットシャワー)。清潔、綺麗でした。一安心。水周りの清潔さって重要ですよね。

そのほかの設備は、エアコンとルーフファン、ケーブルテレビ、セイフティーボックス、ミニ冷蔵庫、フリーwifi(パスワードは受付で聞いてください)
アメニティは、タオルと石鹸、あとは無料の飲料水が一日2本。

掃除はもちろん毎日してくれ、忘れ物をとりに部屋に戻った時に、ちょうど私達の部屋を掃除してくれていたのですが、きちんとやってくれていました。安くても清潔さは大事です。

※もっと部屋の写真が見たい方はこちら→https://www.tokslittlehut.com/gallery/

その他、コテージの道を挟んだ前にも、このコテージのシーサイドレストランがあり、ビーチを眺めながらゆったり食事が楽しめます。

タイ料理やシーフード、その他の料理もあります。お酒もあるので夜はレストランバーのような感じに。サイケオビーチのレストランより全体的に価格は安かったです。
また、レンタルバイクもあるので、ここでバイクを借りました。(一日300バーツ、パスポートを預けます。)

メリット

このコテージのメリットは、やはり低価格、築浅のように清潔、ビーチが目の前、という点です。
スタッフさんももそこそこ感じは良いです。
あとは、場所的にもサイケオビーチの隣なので、繁華街も近くコンビニにも歩いていけます。(しかし女子だけの夜道はおすすめしません。バイクかソンテウに乗って移動しましょう)サイケオビーチまで行くのが面倒なら、飲み物(お酒も含む)やお菓子類は、受付兼レストランでも販売していました。
またサイケオビーチのように人も多くないのでゴミゴミした感じが無いのが良かったです。

デメリット

デメリットは、丘の上にある、という点でしょうか。上の方の部屋だと、かなりいい運動になります。私達は普段運動不足なので、ちょうどいい運動になるね、と言ってそこまで気にはなりませんでしたが、忘れ物して取りに行く時とかはちょっと大変ですよね。でも万が一津波があった場合はいいかも・・・という安心感はありました。

あと、これはデメリットにもメリットにもなる点ですが、このコテージの隣に「Naga Bungalows」というバンガローがあったのですが、そこが経営しているバーが賑やかです。近くでお酒が飲みたい人には良いと思います。
私達が泊まった部屋は、丘の上の方で静かでしたが、コテージのレストラン付近まで音楽が聞こえてきました。

宿泊料金

私は今回、アゴダでこのTok Litlle Hutを予約したのですが、アゴダのプロモーション価格(72時間限定SALE大特価)で一泊1000バーツほどでした。
ソンクラン直前の時期だったので、普段より値段も多少高かったんではないかな、と思います。時期により宿泊価格は変動すると思うので、チェックしてみるといいと思います。

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約

まとめ

丘の上り下りはあるものの、総合的には満足できるコテージでした。せっかく遊びに行ったのに、宿泊施設がイマイチだとテンションも下がってしまいますもんね。
実際に泊まってみた私なりの本音の感想なので、この記事が、これからサメット島へ遊びに行く誰かのお役にたてれば嬉しいです。

 

 

<サメット島への旅の記事をまとめました。併せてどうぞ。>

バンコクから近い綺麗なビーチ、サメット島への行き方
サメット島は、バンコクからも近いラヨーン県にある、美しい島です。 タイではビーチリゾートとして有名で、遠浅で綺麗な白砂のビーチ、透明度の高い海で人気の観光地の...
サメット島のビーチ5選。本当におすすめのビーチはここ!
サメット島にはいくつかのビーチがあります。一番賑やかで大きなサイケオビーチは、白砂で鳴き砂のビーチとしても有名です。 サメット島=サイケオビーチ!という印象が...
サメット島の旅-番外編-ラヨーンのバンペー市場「BanPhe Market」
サメット島への旅もいよいよ終盤です。 帰りにラヨーン県のバンペー港近く、屋根付きの巨大マーケット「バンペー市場 Banphe Market」へ寄りました。あとで調べてわか...

 

[Tok Little Hut トックリトルハット]

所在地: 16/1 Moo 4, Banphe,Ao Phai,Koh Samet,Thailand,21160

電話: 038 644 073

H.P:https://www.tokslittlehut.com/

※2017年4月19日現在のレートは1バーツ約3.17円です。

 - タイ国内旅行 , , , ,