雨季の過ごし方 幻冬舎plusでエッセイ、コラムを愉しむ

   

サリム

タイトルとはまったく無縁のサリムの寝相・・・。最近よくこの格好で寝ています。空でも飛んでいるつもりなのかな。この子、あまり丸まって寝ることが無く、ねじれてたり、伸びてたり。猫らしくない猫です。

さてバンコクは雨季後半になり、晴れてたと思ったらいきなり雨が降り出したり、強烈なスコールで冠水したりが日常茶飯事になっています。
特にわたしが住んでいる場所は冠水地帯なので、とうとうこの前、激しい雷雨のあとの冠水がひどく、テレビで中継されていました・・・。
こんな時期はいつもにも増して自宅で過ごすことが多くなってしまいます。BTSが近いって、本当に便利でいいな~!

そんな雨季後半は、自宅で思いっきり読書を愉しみたい!ところですが、やはりタイでは日本語書籍は高いし、図書館がないのはかなり痛いです・・・。
そこで見つけたのが2013年から始まっている幻冬舎の新しいWebサービス、幻冬舎plusです。

『幻冬舎plus』は、著名作家や有名人の連載が読めるマガジン機能と、電子書籍を購入できる書店機能をあわせもった、WEBサービス(PC・スマートフォン対応)です。

キャッチフレーズは「毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のWEBマガジン&電子書店」
1%でも違う明日を生きるために、刺激的な情報、おもしろい人物、興奮する物語、新しい出会いを提供する、WEBサイトを目指します。

幻冬舎plusより引用

幻冬舎plus

このサイト、とても面白いです。上記にもあるように、著名作家や有名人のコラムやエッセイが無料で読め、会員登録(無料)するとバックナンバーも読めちゃうんです。

ちなみに、私がお気に入り登録している作家さんは、

山田マチ/ひとり人暮らしの手帖

山田マチさんのひとり暮らしのあれこれが書かれているコラム。わたし、長期間のひとり暮らしってしたことがないのですが、このコラムを読んでいると、ひとり暮らしって、なんかいいなぁ。って思ったりします。ほっこりするエピソードや思わず笑ってしまうエピソードが綴ってあり、他人の私生活覗くのって楽しい!って思いました笑

佐久間裕美子/ピンヒールははかない

20年近くニューヨークで暮らす佐久間裕美子さんのコラム。「自分の場所の見つけ方」や、「ほしいかほしくないか」のタイムリミット、など、人生で誰しもが悩むようなことが題材になっていて、読み応えのあるコラムです。

益田ミリ/前進する日もしない日も

益田ミリさんの日記のようなコラム。さらっと読めて日常のあれこれが書かれています。益田ミリさんの気取らない日常風景が垣間見れるようで更新を楽しみにしているコラムです。

食わず嫌い女子のための読書案内

女子があまり読まないようなジャンルの本の紹介。わたしもかなり好みが偏っているので、これを読んで違うジャンルに手を出してみたいかも!

リフォームの爆発/町田康

町田康さんの連載です!面白いので好き。

他にも、たぁーくさんのコラムや連載が満載なので、自分のお気に入りがみつかると思います☆
あともう少しで雨季明け、待ちに待った乾季の到来です!でもまだもう少し雨も残りそうなので、自分なりの雨季の日常を楽しもうと思います。

 - 読書