カンチャナブリーのエラワン滝へ行って来た◎前編◎

      2016/04/19

ソンクラーンに入る直前の11、12日にカンチャナブリーのエラワン国立公園内にある、エラワン滝に行ってきました◎
前からエラワン滝に行ってみたかったし、Oちゃんも自然と滝に癒されたい!という二人の希望が一致したのです。

「タイで一番美しい滝」と言われるエラワン国立公園内の滝。全長1500mの滝は、水遊びのできる滝、木陰で涼みながら魚をゆっくり眺められる滝、落差に圧巻させられる滝など7段階の滝に分かれています。濡れてもかまわない服装と滑らない靴で訪れましょう。
タイ国政府観光庁H.Pより引用

出発した日は色々と用事があり、バンコクを夕方に出て、途中休憩をちょこちょこ挟みながら6時間弱でエラワン国立公園に到着。
この日はもう夜遅く、もちろん公園内には入れないので、エラワン国立公園近くのリゾート(コテージ)で一泊しました。公園付近にはたくさんリゾートがあるので泊まるのには困りません。混雑しない時期なら予約しなくても宿泊できると思います。私たちも、いつものように予約せずに泊まれました。ただ、ソンクラン期間に入っているということで宿泊料金がすこし割高で、1200バーツしました。普段はきっと1000バーツしないと思う。

ちなみに、カンチャナブリー市内からバス(No.8170)で来れるようです。確かに、私たちの車を停めた駐車場にカンチャナブリーから来たバスが停まっていました。カンチャナブリーからは約一時間半、朝8時~17時20分まで50分間隔でバスが出ているようです。

翌朝9時にエラワン国立公園に到着!
まずは腹ごしらえ。

エラワン滝

さっそく、フードセンターがありました。

エラワン滝

真ん中にテーブル、両サイドにお店がずらーっと並んでいます。

エラワン滝

ガイヤーンやソムタムを売る、イサーン料理のお店が多かったです。その他は、カオカームーや、クイッティアオ、おかずを売るお店もありました。
私たちは入口入ってすぐ、左手にあるこの手前のお店にしました。

エラワン滝

ここのガイヤーン、とっても美味しかった!ナムチムも美味しい。帰りも買っちゃいましたー。

エラワン滝

あとは筍のヤム!もなかなか。
ソムタムも注文しましたがソムタムは普通かなー。

エラワン滝

このフードセンター周辺には、浮き輪や水着、ビーサン、ゴザ等が売っているお店がいくつも並んでいたので、滝遊びするのに必要なものは一通り揃えられます。手ぶらで来てもマイペンライ!

エラワン滝

さて、腹ごしらえが済んで、いざ入園!
エラワン国立公園の入園料は大人一人、タイ人100バーツ、外人は300バーツです。

エラワン滝

ここで記念撮影できます。私も撮りましたー!

エラワン滝

左手に写っている看板には、水着姿ではNG。きちんと服を着るようにという注意書きがありました。
ちなみに、エラワン国立公園内での服装ですが、水着を着て軽装でOK。私も軽装、ビーサンでした。
ただ、ビーサンで行けるのはレベル5くらいまでが限界かなぁ。私たちはレベル5まではビーサンで行きましたよ。
レベル3まではビーサンやサンダルで余裕ですが、その後は坂もきつくなってくるし、道も舗装されていませんのでできればスニーカーとか歩きやすい靴の方がいいと思います。私たちは滝遊びできれば良かったので、靴だと滝遊びのときに面倒だし、荷物は最小限で身軽で行きたかったのです。(というより、予習を全くしていなかった、というのもありますが。いつでもサバイサバーイが私とOちゃんのモットーです。笑)

http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=479

http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=479

地図と、7段階に分かれた滝の写真がありました。エメラルド色で綺麗ー!!!期待も膨らみます。

http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=479

レベル1までの道のりはなだらか。道も舗装されていてラクラクです。
自然もいっぱいで、とても気持ちが良いです。

http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=479

http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=479

レベル1までは15分くらいだったかな?この付近には売店があり、ソムタムやカップ麺、お菓子等がありました。ここ以降は売店は見当たりませんでした。
ただ、この売店は品数が少ないので、公園内で食事したい場合は、最初に紹介したフードセンターで買って、持ち帰りにしてもらうのがオススメですよ。フードセンター周辺には、お菓子や飲み物を売っているお店もありました。
テーブル、ベンチ等もこのレベル1の滝周辺にはけっこうありますし、ゴザを持っていればゴザを敷いて、自然と滝に囲まれての食事も最高ですよね!

さて、いよいよレベル1の滝に到着!なのですが、それはまた次回の記事で紹介したいと思います☆

 

 

エキゾチカ・クローゼットOnline Shopはこちらから↓

 - タイ国内旅行 , ,